2011年01月23日

タチオールライトの軒下ガレージ・自家塗装講座〜完成〜

110122_231123.jpg110122_232006.jpg110122_235700.jpg110123_012145.jpg110123_012221.jpg110123_012334.jpg110123_013512.jpg
(画像:垂れたウレタンクリア、マスキングしてやすりがけ、コンパウンドで磨きあげ、完成×3、Tシャツ)


最後の塗装、ウレタンクリアが垂れてしまったので、完成が遠のいた。

あまりに大きく垂れて目立つので、修正を試みる。


垂れた塗装を削り落とし、磨くのであるが、ほかを傷つけないようマスキングもした。


ウレタンクリア仕上げの後は塗装ができないので、修正跡は最小限にとどめたい。

慎重にやすりをかけ、最後に極細のコンパウンドで磨く。


なんとか、塗料の垂れはなくなり、不具合は目立たなくはなった。
しかしやはり、ツヤがすこし変わってしまった。

ホックと金具の近くで、あまり目のいかない場所なのでぎりぎりセーフか。

また、白い部分でもあったので、助かった。

もし黒い塗装の上で垂れていたら、大変なことになっていた。

黒は、いちばんツヤの影響を受けやすい色である。

クリアでコートしたとき、鏡のようになるのは薄い色より濃い色。

試しに、ガラスの向こうに色紙でも置いてみてほしい。

ガラスがクリア塗装、色紙がカラー塗装といえば、なんとなくわかってもらえると思う。


さて、今回はじめて試したウレタンクリア。
このクリアは、磨かなくても、すごい艶と光沢が出る。

この塗料であれば、垂れる寸前など狙うべきではないのかもしれない。


ラッカークリアで仕上げて、コンパウンドで磨きあげるより、ウレタンクリアの吹きっぱなしのほうが、光沢ある仕上がりを期待できる。



こうして、数々の手順を経て完成した、
シングル『渚のサンセットクルージング』アルバム『タンデムシートで抱きしめて』共同企画のプレゼント、

フリントロックスオリジナルカスタムペイントヘルメット。


果たして"あの感じ"に仕上がったであろうか?

凝り性なので、すこしやりすぎてしまった気もする。

でも、オレが誰かとタンデムするとき、渡してあげたいヘルメットに仕上がったので満足。


実物はぜひ1月23日のフリントロックス・ライブ会場、新宿レッドクロスで確認してほしい。


また、軒下ガレージでは今回、ヘルメット以外にも"Tシャツくん"によるオリジナルプリントTシャツを製作。

もちろんオレ、タチオールライトがプリント。

これも1/23のプレゼントに加えるので、抽選をお楽しみに。



タチオールライトの軒下ガレージ・自家塗装講座、おわり

ニックネーム フリントロックス at 01:54| Comment(3) | タチオールライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月22日

タチオールライトの軒下ガレージ・自家塗装講座〜磨きあげとウレタンクリア塗装〜

110118_160325.jpg110121_184736.jpg110121_170240.jpg110121_173501.jpg110121_184224.jpg
(画像:コンパウンド磨き、コンパウンド、ウレタンクリア、ウレタンクリアがけ、周囲がうつり込むほどのツヤ)


ここでいちど、塗装面をコンパウンドで磨くことにした。

コンパウンドはチューブ入りのペースト状のもの。

布に適量取り、塗装面の荒れや曇りを磨いてゆく。


ラッカーでクリアがけした表面を、つるつるに磨きあげたらやはり、脱脂。

コンパウンドには油分がたっぷりふくまれているので、念入りに脱脂する。


ここで、トラブル発生。

なんと、台所用中性洗剤では、コンパウンドの油分を落としきれないのである。

最近の台所用洗剤は、手肌の保護の為とかで、油分を落とす力が弱いらしい。

ママレモンが懐かしい。

弱った。


思案ひとしきり。


そして登場したのが、レンジまわりのしつこい油汚れを落とす洗剤、キッチンマジックリン。

これはスプレーボトルで、泡状に吹き付けられるので便利。

吹き付けたあと、しばらくおいて拭き取る。

これはいい方法であった。
ぐんぐん油分が落ちてゆく。

ご家庭の頑固な油汚れには、ぜひお試しいただきたい。

じつは、バイク車体やエンジンのオイル汚れなどにも抜群に使える洗剤なのである。

パーツクリーナーや灯油のように、ゴムや表面を劣化させないので、軽い洗車のときなど覚えておくと重宝する。



さて、こうしてようやく脱脂が完了。


いよいよ、最後のペイント、ウレタンクリアで仕上げる。


じつは、ウレタン系を使った塗装は、これがはじめて。

もちろん、ウレタン塗料は値段がとても高いからである。

今回はプレゼント用ヘルメットへのペイント。奮発してみた。


ここで塗料の違いを簡単に説明しておこう。

ラッカー系、エナメル系など、よくご存知の塗料は、溶剤が蒸発することによって硬化する。
(水性とは水溶性。水性は水が溶剤である。)

しかし、このウレタンの塗料は、主剤と硬化剤、二種類の液体を混ぜて化学反応させることで硬化する。


今回のような缶スプレーの場合、缶に特殊な装置が付いており、いざ使うときに装置を起動させるのである。

そうすると、二つの液体が混ざりスプレーできる状態となる。

化学反応がはじまっているので、スプレー可能な時間は約12時間。

贅沢な塗料である。


文字にするとなんだか小難かしいが、たいしたことはない。

缶じたいが二重構造になっており、液体ははじめ、分かれて入っている。

缶からは、内側の容器を突き破るための金属棒が突き出ているので、強く押し込む。

あとはよく振ってかき混ぜるだけである。

そして、これまでどおりスプレー塗装する。


ここまで、缶スプレーの吹き方のコツで、ひとつ言い忘れたことがあった。

スプレーするとき。
噴射ノズルのボタンはいつも全開が望ましい。

たとえば薄くスプレーしたいときは、塗装面から離れるなり、手を素早く動かすなりして対処すべきである。

不可能ではないが、ボタンで塗料の出方を調整できるとは思わないほうがいい。

中途半端にボタンを押してスプレーするとどうなるか。

綺麗な霧状にスプレーできないばかりか、噴射口に塗料が溜まってしまって、そのしずくが飛んだりするのである。

缶スプレーでは、少しだけスプレーしたいときも、全開が基本である。



さて例によって、垂れる寸前を狙ってみる。

ところがしかし。

そんなことをせずとも、
驚くべき艶!!驚くべき光沢!!

すごいぞウレタンクリア!!

ほんとうに艶つやである。


調子にのって吹きつけていたら、無念。

垂れてしまった。。。。。


最後にすこし修正が必要である。

よく乾燥させてから修正を行ないたい。

完成はしばらくおあずけ。




タチオールライトの自家塗装講座、次回はいよいよ〜完成〜。

お楽しみに!!
ニックネーム フリントロックス at 04:43| Comment(0) | タチオールライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月20日

タチオールライトの軒下ガレージ・自家塗装講座〜マスキング除去と文字入れ〜

110116_195032.jpg110116_210540.jpg110118_160255.jpg110118_160325.jpg

(画像:マスキングをはがして、文字入れ)

黒い塗装がある程度乾いたら、生乾きのうちにマスキングを剥がす。

何日もおいて完全乾燥すると、うまく剥がせなくなるので注意。

マスキングテープと一緒に、ぺリペリと塗装まで剥がしてしまう。


ある程度乾いて、塗装が触れるようになった頃合いを見計らって、慎重に剥がしてゆく。

乾き具合はマスキングの上にかかった塗料で確かめること。
間違っても塗装面に触れて確かめてはいけない。



こうして、いい頃合いを見計らって、マスキングテープをゆっくり剥がしてゆく。

塗料がマスキングテープと固着していて、剥がれにくい場所は、ナイフを入れながら慎重に。


さて、マスキングがすべて剥がれたら、こまかいところをチェック。


まず、マスキングを剥がした塗料の境目には、必ず段差ができている。
しかもバリまで、あったりする。

これにペーパーをあてて、なだらかに修正する。

こまかい番手の耐水ペーパーを使い、撫でるように、段差やバリをなだらかにしていく。


また、マスキングがまずく、はみ出したり欠けたりしている部分。

これにはタッチアップ塗装で対処する。

タッチアップしたい色の缶スプレーを用意して、そのフタの中に塗料をスプレー。

面相筆を使って、フタにためた塗料を塗って、修正していくのである。


今回はこのあと、文字入れを行なった。

この文字入れ、極端に細かいマスキングが必要である。

フリーハンドでうまく字が描けるなら、ぜったいにフリーハンドのほうがよい。
かっこいい。

しかし、まったく自信がないので、マスキングしてスプレーする。


まずマスキングテープで文字入れする部分を大きめに覆い、密着させる。

次にマスキングテープに文字を鉛筆で下書き。

そしてアートナイフで慎重に切り出してゆく。


このとき、今回の塗装ではじめての失敗。

ナイフを深く入れすぎて、何カ所か塗装を剥がしてしまった。

タッチアップとペーパーがけでなんとかしたいが、要注意である。

アートナイフの刃は切れ味が悪くなる前に、ばんばん交換した ほうがいい。


さて、文字が綺麗に抜けたら、周囲にもマスキングをして、スプレー塗装。

黒に隠蔽力の弱い白をのせるので、まず銀色をスプレー。

こうすることで下地の黒が透けにくくなる。

今回は残念ながら、下の塗装を何カ所もはがしてしまったのでプラサフも吹いた。

今回下地処理ではあまり出番がなかったサーフェイサ。

もともと細かい傷を隠して、塗装面をツルッとさせる塗装である。
(缶スプレー塗装一色目参照)

すこしでも目立たなくしたい。


との願いも虚しく、缶スプレーによる文字入れ。

案の定、塗装が縮み上がったり、欠けたりしてしまった。

ほんとうに細かい部分なので、ぱっと見にはわからないが、悔しい。

タッチアップとペーパーがけで、修正を試みる。

面相筆で欠けた部分をタッチアップ。
乾いたらペーパーがけ。

何度か繰り返しているうち、ラッキーなことにフリーハンドで描いた文字のようになってきた。

考えようによってはラッキーであるが、ほんとうに手間を食ってしまった。

画像ではわかりにくいので、このプレゼントに当選し手にした方には、ぜひご確認いただきたい。



タチオールライトの自家塗装講座、次回は、〜仕上げ〜。

お楽しみに。
ニックネーム フリントロックス at 02:25| Comment(0) | タチオールライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

posted by 269g